スクリーンショット 2022-01-25 17.23.36.png

海と漁業

と私達​の

未来

 

当研究所のミッション

​海の環境保全と持続可能な漁業振興

私達が健康で幸せな日々を過ごすためには、
良質な食べ物が手に入り、
豊かな自然環境があることが重要です。
しかしながら、いま、海をめぐる環境変化が著しく、
生産現場の衰退も危惧されています。
こうした中で、私達は、
豊かな海の環境を残しながら漁業の再建を図ることを目指し、
海のサステナビリティに関する研究と提言を行ってまいります。

 

​記事

 
 

レポート

PDFをダウンロード頂けます

「魚類の漁獲量上位12種の資源状況と資源量が低い場合の要因分析」

2022年8月23日

日本周辺の漁業資源が減少している理由は、環境要因や国際要因によるものか、それとも過剰漁獲によるものか?
魚種ごとに異なる要因を分析しました。

 

事業内容

会議

研究

持続可能な水産物の生産・流通・販売・消費の振興や、関連の環境政策等に関する研究及び提言

ビジネス握手

フォーラム

水産資源の回復に向けた
フォーラムの運営

プランの振り返り

コンサルティング

持続可能な漁業の振興、海洋環境政策等に関するコンサルティング及びアドバイザリーの提供

 

メンバー

 
写真2.png

粂井 真

代表

平成14年〜平成25年農林水産省勤務
民間企業にて農林水産ビジネス、環境政策等に関するコンサルティングに従事した後、令和3年にUMINEKOサステナビリティ研究所を設立

miyahara.jpg

宮原 正典

顧問

よろず水産相談室afc.masa代表
農林水産省顧問。元水産庁次長、前国立研究開発法人水産研究・教育機構理事長

kanada

金田 千広

​リサーチマネージャー

東京大学農学部卒
ベンチャーで農業関係の新規事業立ち上げを複数経験した後、令和4年にUMINEKOサステナビリティ研究所に参加

CONTACT

​UMINEKOサステナビリティ研究所

UMINEKO Sustainability Institute (USI)

064-0919北海道札幌市中央区南19条西14丁目1−10-402

1-10-402, South-19 West-14, Chuoku, Sapporo 064-0919 Japan

送信が完了しました。