top of page
検索
  • makotokumei5

チャタムフィッシュ 第2クールの議論のまとめ

当研究所が事務局となり、チャタムフィッシュという枠組みにおいて「現場の実態に即した、水産資源の回復と持続可能な水産業に向けて必要な取組」について、共に学びながら議論を行っています。


組織や立場上の制約なく議論するために参加者は匿名にし、課題と対策の議論をふるいにかけて、要点を抽出していきます。


4〜6月に行われた第2クールの議論では、以下の点について、議論を行いました。


1.資源管理に取り組む漁業者に必要な資金対策の枠組み

2.世界に誇る資源評価の確立に向けた、環境変動・生態系を考慮した資源評価手法の確立


議論の概要はこちらです。






閲覧数:103回0件のコメント

Commenti


bottom of page